アンテナ工事の前に


テレビで地上波放送を見るためには地上デジタルの電波を受信するアンテナが必要です。アパートやマンション等集合住宅に住んでいる方は機会がないかもしれませんが、アンテナが設置されていれば、ケーブルをつないでテレビが見られますがアンテナがない場合テレビは見られません。集合住宅にはすでにオーナーの方が業者に依頼してアンテナを設置しています。しかし、一軒家を買って建てて、そこに住もうとしている方はそのアンテナの設置をしなくてはなりません。アンテナ工事を業者に依頼しますが、アンテナと一言で言っても様々な種類があります。

地上波デジタルのアンテナには八木式アンテナとデザインアンテナがあります。八木式アンテナはアナログ放送の時からあるアンテナで魚の骨のような形をしているのが特徴です。勿論地上デジタルが普及した今でもよく使われている形です。屋根の上に設置するので台風等の天災に気を付けなくてはならないのがネックですが、費用も違いはありますが4000円前後と安価です。デザインアンテナは薄型平面の板のような形をしているのが特徴で八木式とは違い、外壁やベランダに設置するタイプのアンテナです。名前の通りデザイン性に優れスタイリッシュな印象があるアンテナなので人気が高いです。八木式よりも簡易的に取り付けができることも特徴の一つです。見た目にこだわる方が多く選ぶアンテナです。費用は1万円前後ですが、その分設置時間は節約できます。

八木式とデザインアンテナは地上波デジタルの電波を受信するアンテナですが、BS、CS放送を見たいという方は別のアンテナが必要になってきます。日本でCS放送といえばスカパー!です。当サイトではスカパーのアンテナ設置について説明します。